血糖値を下げたいなら運動習慣を作ろう!

血糖値を下げるお茶ガイド!

血糖値を下げるお茶比較HOME > 血糖値を下げる食べ物と飲み物 > 血糖値を下げたいなら運動習慣を作ろう!

血糖値を下げるのに効果的な運動

 食後すぐの15分ウォーキング

ウォーキング食後に必ず眠くなってしまい、うたたねをしてしまう…なんて方はいらっしゃいませんか?それは血糖値が高い方にとって一番危険な行為だったのです!私も以前まではこのタイプで、満腹になってはすぐ横になってテレビを見るというのが日課になっていました。
「ウォーキングは体に良い」とは知っていても、なかなか体が動かないのが事実です。そこで紹介したいのが、「食後に15分ウォーキング」です。 一日一回まとまった時間にウォーキングするよりも、一日三回食後に15分のウォーキングをする方が血糖値を下げるのに効果的と言われています。これなら、体を動かすのに不安のある高齢者の方や、長い時間動くのは嫌だなあ~なんて思っている方に最適なのではないでしょうか。
私も朝は少し早く起きて食後にウォーキング、昼食はオフィスでとり、その後軽く散歩、夜は妻と一緒に…という生活を始めました。
徐々にウォーキングの時間も長くなり、1日に合計2時間なんて日もありました。
すると、1か月後には体が軽くなり、朝の目覚めもよくなったのです。

 毎日1時間のヨガ

ヨガこちらは私の妻が始めたもので、毎朝1時間のヨガをすると効果的と言われるものでした。
そもそもヨガとは、古代インドに伝わる精神を統一するような宗教的行法のひとつで、これが近代ではフィットネスの要素も併せ持つようになったものです。精神を落ち着かせ、呼吸と姿勢を大切にする運動なので、集中力を高めてくれます。柔軟の要素やストレスを緩和させる効果もあるため、血糖値を下げるのに効果的と言われています。
何より妻が長続きした理由は、「テレビを見ながらでもできる運動」だからです。
効果がある流れとして、ヨガを35分行った後、呼吸を10分整え、瞑想を10分、実施前後にそれぞれ5分間リラックスをすることが大切との結果があります。
山のポーズ:おなかをぎゅっと締めたまま、背筋をピンと伸ばし立つ
バッタのポーズ:うつぶせ寝で両足を上にあげる
三角のポーズ:上半身を横にして倒し、そのままの体制をキープ
もちろん呼吸は大切です。妻はこれらを繰り返していたそうです。そのおかげなのか、便秘も解消され、毎日の掃除洗濯も苦ではないと言っていました。

自分に合った、楽しく長く続けられる運動を

運動上で紹介した運動は、もちろん毎日続けないと意味がありません。長く続ける秘訣は、「楽しくストレスをためないこと」です!気が滅入ったままの運動は、オススメしません。私の場合、妻が協力してくれたので毎日楽しくウォーキングを続けられました。
気が乗らなくても、始めはウォーキングを5分から初めて、段々と15分にしてみたり…自分なりのやり方を見つけるといいかと思います。
私の減糖生活についても合わせてご覧ください!
→ 私が高血糖を克服したお茶生活と生活習慣

ページトップへ戻る