意外と知らないストレスと血糖値の関係

血糖値を下げるお茶ガイド!

ストレス社会が血糖値を高くさせる?

何かとストレスを多く感じるこの時代。実は、最近の調査では、ストレスが糖尿病を発症させる確率を45%も高めてしまうということが分かっています。肥満かそうでないか、性別、年齢などどの点から考えても、やはりストレスは大きく血糖値に関わるとされています。
管理職を任された私も、日々重圧と戦いながら仕事をしていました。ストレスはほかの病気にも大きく関わるということは知っていましたが、まさか血糖値にまでかかわるとは知りませんでした。
なぜストレスが血糖値に関わるのか、このページでは詳しく記載していきたいと思います。

ストレスが血糖値を上げるホルモンを分泌

人体には血糖値を上げるホルモンが5種類もありますが、それに対し血糖値を下げるホルモンは「インスリン」しかありません。ストレスを感じると、様々なホルモンが分泌されますが、分泌されるのは血糖値を上げるホルモンばかりですので、血糖値はどんどん上昇してゆきます。また、唯一の血糖値を下げるホルモン、インスリンの働きを悪くし、血糖値の上昇に拍車をかけてしまうのです。
さらに、ストレスにより血糖値が上がり、糖尿病になってしまうと、うつ病を発症する確率も高くなります。

ストレスによる過食

食べることでストレスを発散されている方も多いのでは?私もその一人で、私の場合はそれにアルコール、タバコもプラスでした。ご承知の通り、過食は血糖値を上げる一番の原因となります。過食となってしまうことで、血糖値コントロールがさらにうまくいかなくなり、ストレスが加算されてしまい、負の連鎖となります。
もし食べたくなってしまったら、バナナやリンゴなど、食物繊維の豊富な食べ物を食べるようにしましょう。
→ 血糖値を下げる食べ物と飲み物

自律神経失調症により、治療意欲が後退

自律神経失調症とは、不規則な生活により、自律神経のバランスが乱れて起こる病気で、精神的に落ち込んでしまったり、頭痛など、物理的な痛みを訴える方もいます。精神的に落ち込んでしまったために、治療をしよう!血糖値コントロールをしよう!という意欲が減退してしまうので、こちらもまた負の連鎖へと陥ってしまいます。

ストレスを緩和させるには?

まずは原因となるストレスを緩和させましょう。発散方法はそれぞれあるかと思いますが、その中でも私が特にいいと思った6個をご紹介いたします。

 ストレスを発散させる方法

  •  旅行へ行く
  •  鍼灸療法
  •  マッサージ
  •  よく笑う
  •  一度ダラダラしてみる
  •  スポーツ観戦をする

ページトップへ戻る